賢者の戦術

バスケットボールにおける、9種類のオフェンスシステム(戦術)を、プレーヤーの動きを示した豊富な図とともに紹介。ベースとなる戦術だけでなく、相手チームのディフェンスに応じてどのようにオフェンスを展開していけば良いのかもあわせて解説している。初心者から上級者まで、あらゆるレベルのコーチングで活用できる戦術を身につけ、プレーヤーを活かすコーチングを目指す。

米国のバスケットボール界で、コーチたちに長く支持・活用されている Motion Game Offenses: For Men's and Women's Basketball 3rd Editionを翻訳。原著の豊富な図はそのままに、章のはじめに訳者によるコメントを追加し使いやすさを向上している。サイズB5とし、ノート感覚でコーチング現場でも活用いただきたい一冊である。

 
インバウンド観光入門

今、インバウンド観光に求められるのは、政府、地域、企業の総合力である。

訪日外国人旅行者は、2020年に4,000万人の政府目標のもと、国、自治体、産業界・ビジネス、地域がそれぞれ対応に取り組んでいる。
本書はインバウンド市場の動向や特徴、それに対する政府や地域の取組みも紹介しつつ今後の課題を提示する、日本の「インバウンド観光」を体系的にとらえたはじめての入門書である。先進的な各地の事例や多彩なコラムも満載。

 
港湾ロジスティクス論

ロジスティクスの視点から港湾を捉えなおす――港湾は、たんに海と陸の結節点として存在しているのではない。本書では、港湾を企業のロジスティクスやサプライ・チェーンのなかで捉えなおす。日本の主要・地方港湾の分析、さらに東アジア諸国(韓国・中国・台湾)のコンテナ港湾の実態をあわせて考察することで、日本が抱える港湾課題を浮き彫りにし、国際競争力を維持し課題を解決するための、ロジスティクス型コンテナ港湾のこれからのあり方を提案する。

 
隅田川・向島のエスノグラフィー

「ものづくりの町」から「東京スカイツリーの麓」へ―。衰退と再開発が進む墨田区向島で、「下町らしさ」の再生を夢見る人々の実践は何をもたらしたのか。意図せざる結果が繰り返されてきた40年を追い、現代におけるまちづくり運動の可能性と限界を描く。

 
絵本とともに学ぶ発達と教育の心理学

絵本とコラムを通して発達、教育の心理学のトピックを提供♪専門的な内容をわかりやすく学ぶことができるよう工夫されたテキスト。

 
漱石に英文学を読む

ロンドン留学時代の体験、そして多くの英文学に触れることで、漱石はそれらを自らの文学に受容していった。ヴィクトリア女王、ゴールズワージー、ベーン、メレディス、アーサー・ジョーンズ、キッチナー元帥など、漱石と英国・英文学とのつながりを読み解き、その「英国嫌い(アングロフォービア)」の視点形成にも迫る好著。

 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6