エアライン・ビジネス入門

≪21世紀のエアライン・ビジネスを俯瞰する≫
エアライン・ビジネスの歴史的背景,航空会社の事業構造の成り立ちや関連事業などについて初学者に配慮した記述で解説し,さらに,躍進するLCCなど最新の航空業界研究も収録.
航空業界をとりまく最新の情報やデータを取り入れ,エアライン・ビジネスの今を伝える。

 
ハイデガーとともに、ハイデガーに抗して

ハイデガーがナチス時代の講義録『形而上学入門』をこの間何も起きなかったかのようにそのまま出版したとき、当時24歳のJ.ハーバーマスは「ハイデガーとともに、ハイデガーに抗して考える」という論評を公表した。また1950年代のヤスパースは、ずっと温めていた著作の表題として「ハイデガーとともに、ハイデガーに抗して」という案を書きとめていた。(中略)二人のどちらともちがって、存在することの意味と無意味、無意味な世界における意味の誕生、死すべき人々の公共空間ないし四方界としての世界が到来することをめぐって考えていきたい。(まえがき より)

――ハイデガー前期・中期・後期すべてを網羅した画期的なハイデガー研究の総論。

 
ネクスト私学II in the future

刻々と変わりゆく国際情勢に伴い、求められる能力・価値観も変化する。
本書では、グローバル時代に対応する教育の有りようを担うため、改革による劇的な進化・成長を遂げた20校をピックアップ。「学校は変わることができる」をテーマに、時代と教育を率いるリーダーの考え方・熱意・教育プログラムを事例とともに紹介。
教育はこれから先どのようにあるべきなのか、未来を見据えた学校運営の発展を描きだす。
『ネクスト私学――教育新時代に挑む19の変革物語』に続く第二弾。

 
共依存の倫理

「病理/非病理」、「偽物の愛/真実の愛」、「不幸/幸福」 、「支配・従属/支え合い」など、多くの両義性を抱える「共依存」をめぐる言説を分析し、そこに存在する倫理観を暴き出すことで、臨床の専門家や各領域の理論家が見逃してきた倫理と現実を提示する。

 
発達障害の時代とラカン派精神分析

重版出来!!
発達障害をめぐって生じた社会的知覚の変容を読み解きつつ、今日の自閉を「開かれ」として論じる。ラカン派精神分析を軸に臨床と思想を交錯させながら、来るべき「心」の倫理を探求する共同作業の成果。

 
ケアの根源を求めて

本当にケアしているのは「私」なのか。その問いから議論は始まった。どうやらケアの主体は「私」ではないらしいが、その先の理解はそれぞれ異なり、互いのズレの中で見えてきた驚き、疑問、・・・ズレの中でこそ表われる洞察。

 
フッサールの後期還元思想

中期の理念重視の「観念論的現象学」から後期の現実重視の「実存的現象学」へ変貌するフッサール後期還元思想の透徹した解明の書。

 
当事者訴訟の機能と展開

当事者訴訟の歴史を概観すると共に、2004年行政事件訴訟法改正以後の裁判例の整理と検討を通じて、現在の当事者訴訟の利用場面、確認訴訟(当事者訴訟)における確認の利益が認められる場合をを明らかにする。

試し読み
 
三木清とフィヒテ

三木清が思想形成の過程でどのようにフィヒテ哲学を受容していったかまた三木哲学成立の実情とフィヒテ哲学が果たした役割を見出す。

 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9