ホーム > 発達障害の時代とラカン派精神分析

発達障害の時代とラカン派精神分析

<開かれ>としての自閉をめぐって

発達障害の時代とラカン派精神分析
著者 上尾 真道 編著
牧瀬 英幹 編著
ジャンル 心理(学)
出版年月日 2017/06/20
ISBN 9784771029002
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

発達障害をめぐって生じた社会的知覚の変容を読み解きつつ、今日の自閉を「開かれ」として論じる。ラカン派精神分析を軸に臨床と思想を交錯させながら、来るべき「心」の倫理を探求する共同作業の成果。

このページのトップへ