ホーム > 歴史のなかの国際秩序観

歴史のなかの国際秩序観

「アメリカの社会科学」を超えて

内容説明

20世紀の覇権国アメリカと対峙してきた国や地域の国際秩序観を歴史的に検証する。それはアメリカの社会科学としての国際政治学が軽視してきた国際秩序観の理解すると同時に今後の世界を展望する意味でも有意義である。

このページのトップへ