ホーム > チーム学校に求められる教師の役割・職務とは何か

チーム学校に求められる教師の役割・職務とは何か

チーム学校に求められる教師の役割・職務とは何か

新学習指導要領にむけたこれからの教職のあり方とは

著者 石村 卓也
伊藤 朋子
ジャンル 教育 > 教員養成
出版年月日 2017/10/20
ISBN 9784771029422
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 教職の意義
 ポイント:先生、教師、教諭の意味とは? 教職の特殊性と使命とは?
第2章 教師論
 ポイント:戦前と戦後の教師像のちがい。チーム学校に求められる教師像とは?
第3章 教員の服務
 ポイント:教員の身分上・職務上の義務とは何か。懲戒処分の性質とは。
第4章 教員養成
 ポイント:戦後の新教育大学の設立の経緯。連合方式でユニークな京都教育大学。
第5章 教員採用試験
 ポイント:採用試験の種類とスケジュール。試験突破のコツと戦略。
第6章 資質能力向上と教員研修
 ポイント:教員研修と地方公務員研修のちがい。研修に係る服務。
第7章 学校の組織
 ポイント:主任制度とは何か。新たな職の設置。チーム学校の実現イメージ。効果的なチームをつくるには。
第8章 校長・教員等の職務と役割
 ポイント:チーム・マネジメントにおける校長の役割と注意すべき点。効果的なチームコミュニケーション。
第9章 カリキュラム・マネジメントと「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)
 ポイント:学習指導案の作成。授業構想に適切な教育方法とは。深い学びとは何か。
第10章 各教科,外国語活動,「特別の教科 道徳」―学習指導要領改訂のポイント1―
 ポイント:「特別の教科 道徳」の指導法。コールバーグの道徳性発達理論。
第11章 特別活動,特別支援教育,生徒指導,学級経営 ―学習指導要領改訂のポイント2―
 ポイント:特別活動の日本型発展段階。生徒指導と「深い学び」。学級経営の在り方。
第12章「総合的な学習の時間」における探究学習 ―学習指導要領改訂のポイント3―
 ポイント:主体的・対話的で深い学びとの密接な関係。探究学習とデューイの思想。

このページのトップへ

内容説明

新学習指導要領にむけたこれからの教職のあり方とは

――これまでの中央教育審議会答申、平成29年の学習指導要領改訂の告示を踏まえて、「これから求められる教職の在り方」を追究した新しい教師論のテキスト。後半部分では、学習指導要領改訂のポイントに沿って各教科等指導に関するコンテンツを用意し、新学習指導要領で何が重視されているかを学ぶことができる。教員養成、教員採用試験についても盛り込まれた、これから教師を目指す人とすべての現役教員必携の書である。

このページのトップへ

関連書籍

社会に開かれたカリキュラム

社会に開かれたカリキュラム

新学習指導要領に対応した教育課程論

 
 
教育の見方・考え方

教育の見方・考え方

教育の思想・歴史から、教育の本質に迫る

 
 

このページのトップへ