ホーム > 公共部門における評価と統制

公共部門における評価と統制

内容説明

公共部門評価の現状と問題点を、理論研究と事例研究双方の視点から考察。評価による管理統制の実態を批判し、今後の可能性を展望。――公共部門評価が氾濫する時代を問い直す、研究者・実務家必読の書。

このページのトップへ