ホーム > ハイデガーとともに、ハイデガーに抗して

ハイデガーとともに、ハイデガーに抗して

無意味な世界における意味の誕生

ハイデガーとともに、ハイデガーに抗して
著者 後藤 嘉也
ジャンル 哲学
出版年月日 2017/09/10
ISBN 9784771029019
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ハイデガーがナチス時代の講義録『形而上学入門』をこの間何も起きなかったかのようにそのまま出版したとき、当時24歳のJ.ハーバーマスは「ハイデガーとともに、ハイデガーに抗して考える」という論評を公表した。また1950年代のヤスパースは、ずっと温めていた著作の表題として「ハイデガーとともに、ハイデガーに抗して」という案を書きとめていた。(中略)二人のどちらともちがって、存在することの意味と無意味、無意味な世界における意味の誕生、死すべき人々の公共空間ないし四方界としての世界が到来することをめぐって考えていきたい。(まえがき より)

――ハイデガー前期・中期・後期すべてを網羅した画期的なハイデガー研究の総論。
ハイデガーとともに彼に抗して存在することの意味と無意味を考える。世界は無意味にただ存在するだけだが隠された有様で暫し存在する他なるものが死すべき私に呼びかけ、私がこれに応えるなかで存在することの意味が誕生する。

このページのトップへ