ホーム > 新版 心の論理

新版 心の論理  新刊

現代哲学による動機説の展開

新版 心の論理

科学的・数理的な記述に還元されないものとしての人間の思考を、現代分析哲学の成果を踏まえながら「心の論理」として形式化する。

著者 金子 裕介
ジャンル 哲学
出版年月日 2017/12/20
ISBN 9784771029729
判型・ページ数 A5・200ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 

目次

イントロダクション

第I部 実践的三段論法
第一章 理由の順序と複合三段論法
第二章 実践的三段論法の論理

第II部 行為としての思考
第一章 規範
第二章 言語行為論
第三章 ヒンティカのデカルト解釈

第III部 心の規範性
第一章 言語行為の分類学
第二章 規範性に向かって
第三章 心の規範性

第IV部 倫理的思考:功利主義とカント
第一章 ザングヴィルの描像の拡張
第二章 ベンサムの功利主義
第三章 カント

第V部 カントとミル
第一章 道徳法則
第二章 ミルは功利主義の救世主と成ったか

第VI部 ヒュームによる功利主義の完成
第一章 ベネボランス
第二章 コンベンション
第三章 ヒュームと道徳法則の問題
第三章 形式化に向けて

おわりに

このページのトップへ

内容説明

科学的・数理的な記述に還元されないものとしての人間の思考を、デイヴィドソンやオースティンに代表される現代分析哲学の成果を踏まえながら「心の論理」として形式化し、 そこに、伝統的な哲学と倫理の議論(カントや功利主義)を組み込んで行こうとする。

<新版で充実させた内容>
新版では、ミスを直し、もっと読み易い体裁に書き換えられました。また、人名ならびに事項の索引も充実を図っています。
内容においても、かなり長い注が幾つか付け加えられました。
・アリストテレスと徳論倫理についての注(141頁注5、145頁注1、172頁注1)。
・デカルトについての注(第II部第三章の至る所)。
・メルロ=ポンティについての注(151頁注12)。
・最大多数の最大幸福についての注(162頁注16)。
・社会契約論についての注(165頁注22)。
・選好功利主義そして行為功利主義と規則功利主義についての注(169頁注1)。
・アダム・スミスの公平な観察者についての注(171頁注4)。
・道徳感覚についての注(174頁注8)。
など。
本文構成については、旧版と変わりありません。

このページのトップへ