ホーム > イクメンじゃない「父親の子育て」

イクメンじゃない「父親の子育て」  新刊

現代日本における父親の男らしさと〈ケアとしての子育て〉

イクメンじゃない「父親の子育て」

本書では父親の子育てをメディアや父親へのインタビュー調査より分析し、イクメンとは異なる父親の子育てへの新しいまなざしを示す。

著者 巽 真理子
ジャンル 社会科学総記
社会科学総記 > 社会
出版年月日 2018/05/10
ISBN 9784771030350
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次


まえがき    「ジェンダー化された男性」としての父親

第1章「父親の子育て」再考―〈ケアとしての子育て〉と男らしさのジレンマ
はじめに―戦後日本における家族
 1. 日本の「父親の子育て」政策
 2.「父親の子育て」に関する研究
 3. 戦後日本の「父親の子育て」政策と父親研究の課題
 4. 欧米のケア論からの「子育て」のとらえ直し―〈ケアとしての子育て〉
 5. 父親と現代日本の男らしさ
 6. 理論的仮説としての8タイプの父親像

第2章 育児雑誌における父親像と性別役割分業
はじめに―メディアの中の父親像とジェンダー規範
  1. 雑誌における男性像と父親像―先行研究と本章の分析視点
  2.『たまごクラブ』『ひよこクラブ』の父親コーナー―調査方法と分析対象誌の特徴
  3. 3つの父親像《稼ぎ手としての父親》《子育てする男》《子育てが苦手な男》とサクセス・ストーリー
  4. 3つの父親像と〈ケアとしての子育て〉
おわりに―男らしい「父親の子育て」は性別役割分業を解消できるか?

第3章 公私領域と「父親の子育て」―イクメンプロジェクト(厚生労働省)ホームページの父親の育児体験談か ら
はじめに―父親個人の変化と公私領域のジェンダー規範
 1. 分析枠組「公私領域と性別役割分業の相互作用モデル」
 2. イクメン宣言をする父親たち―調査方法と分析対象者の特徴
 3. 家庭/職場/地域領域における「父親の子育て」―子育てへの積極性と居場所との関連 
 4. 父親の〈ケアとしての子育て〉実践の可能性
おわりに ―周囲の理解や承認が必要な「父親の子育て」

第4章「父親の子育て」と公私領域のジェンダー規範―インタビュー・データから
はじめに―父親と公私領域のジェンダー規範とのダイナミクス
 1. ジェンダー規範の大きな変化を経験した父親たち―調査方法と分析対象者の特徴
 2.  「父親の子育て」の現状―分析対象者の共通点と相違点
 3. 子どもが生まれた後の働き方と「父親の子育て」
 4. 「父親の子育て」と職場/家庭領域のジェンダー規範
おわりに―職場領域における〈「一家の稼ぎ主」という男らしさ〉の強固さ

終章 「父親の子育て」から〈ケアとしての子育て〉へ
  1. 「父親の子育て」における〈ケアとしての子育て〉とジェンダー規範とのジレンマ
  2. ケアを基盤とした社会を目指して

このページのトップへ

内容説明

子育てする父親だけど、イクメンじゃない?! 

イクメンがもてはやされる現代日本において、父親が子育てに関わりづらいのは、
長時間労働だけが原因なのだろうか?
本書では「男らしさ」と「ケアとしての子育て」という観点から、
父親の子育てをメディア(育児雑誌、厚生労働省ホームページ)や父親へのインタビュー調査より分析し、
イクメンとは異なる、父親の子育てへの新しいまなざしを示す。

このページのトップへ