ホーム > フランス認識論における非決定論の研究

フランス認識論における非決定論の研究  新刊

フランス認識論における非決定論の研究

ブートルー、ポアンカレ、デュルケームを中心に開花したフランス思想は非決定論的認識論を打ち立てると同時に自由の哲学を構想した。

著者 伊藤 邦武
ジャンル 哲学
シリーズ 龍谷叢書
出版年月日 2018/05/30
ISBN 9784771030541
判型・ページ数 4-6・312ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

ブートルー、ポアンカレ、そしてデュルケーム。3人の哲学家を中心に、フランス第三共和政時代の非決定論の思想を見る。彼らは数学や物理学のみならず宗教や社会についても「自由の哲学」を創始しようとしていたのである。

このページのトップへ