ホーム > 美術で綴る西洋思想

美術で綴る西洋思想  新刊

レオナルド・ダ・ヴィンチからマックス・ヴェーバーまで

美術で綴る西洋思想

15世紀ルネサンスのダ・ヴィンチから、20世紀現代のマックス・ヴェーバーまで、西洋思想、キリスト教、美術を三位一体で綴る。

著者 門屋 秀一
ジャンル 哲学
出版年月日 2018/08/30
ISBN 9784771030824
判型・ページ数 A5・168ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 絵画の中の道徳とは?
     ―レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519年)―
第2章 世間の権威に従うべきか?
     ―コペルニクス(1473-1543年)―
第3章 理性は真理をとらえられるか?
     ―パスカル(1623-62年)―
第4章 白紙の心に教育を
     ―ジョン・ロック(1632-1704年)―
第5章 富か名誉か快挙か?
     ―スピノザ(1632-77年)―
第6章 世界は最善か?
     ―ライプニッツ(1646-1716年)―
第7章 世界は最善ではないのでは?
     ―ヴォルテール(1694-1778年)―
第8章 穏健に懐疑するには?
     ―ヒューム(1711-76年)―
第9章 自然は善か?
     ―パスカル(1623-62年)―
第10章 心は実験できる?
     ―コンディヤック(1715-80年)―
第11章 人間の使命とは?
     ―フィヒテ(1762-1814年)―
第12章 芸術で魂は救われるか?
     ―ショーペンハウアー(1788-1860年)―
第13章 根源的な人間性とは?
     ―ニーチェ(1844-1900年)―
第14章 エスとは何か?
     ―フロイト(1856-1939年)―
第15章 利潤追求は悪か?
     ―ヴェーバー(1864-1920年)―

このページのトップへ

内容説明

15世紀のダ・ヴィンチから20世紀のマックス・ヴェーバーまでの15人の思想家を、西洋思想、キリスト教、西洋美術の3つの切り口から綴る。その背景となる社会状況と関連する思想家も取り上げ、初学者から専門家まで幅広く役立つ一冊。前著『美術で綴るギリシアの宗教と思想』に続くシリーズ第4作!

このページのトップへ