ホーム > 古代・中世経済学史

古代・中世経済学史  新刊

古代・中世経済学史

2000年の経済理論を跡づけ、理論史・事実史の双方の関心に答える熟慮と賢察の書。

著者 バーリ・ゴードン
村井 明彦
ジャンル 経済・財政・統計 > 経済学
出版年月日 2018/10/20
ISBN 9784771031227
判型・ページ数 A5・242ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 プラトン以前
 1 ヘシオドスと自己充足の経済学
 2 ソロンと紀元前六世紀のアテナイ
 3 ペリクレス期アテナイの劇作家とソピスト

第2章 ソクラテス派経済学の考え方
 1 都市国家の衰退
 2 プラトンとアリストテレス
 3 ソクラテス派経済学の基盤
 4 特化と反成長論
 5 目的の科学としての経済学
 6 手段の獲得
 7 クセノポンほかのソクラテス派の寄与

第3章 ソクラテス派経済分析の四論点
 1 貨幣の本質と機能
 2 利  子
 3 共同所有と私的所有
 4 価 値 論

第4章 経済活動に関する聖書や教父の見解
 1 旧約聖書
 2 新約聖書
 3 東方教父
 4 西方教父

第5章 法学者の経済学――ユダヤ法学、ローマ法学、教会法学
 1 ミシュナ
 2 ローマ法の伝統
 3 教 会 法

第6章 聖トマス・アクィナス
 1 経済学の位置づけ
 2 貨幣・利子・銀行業
 3 価値と価格
 4 価値、所有、所得、仕事

第7章 スコラ経済学の貨幣思想、1300‐1600年
 1 貨幣悪鋳が投げかけた問題
 2 停止利益の容認
 3 商品としての貨幣――為替と年金

第8章 スコラ思想における価格と価値、1300‐1600年
 1 十三世紀後半と十四世紀――オリヴィ、スコトゥス、ビュリダン、ランゲンシュタイン
 2 十五世紀――ジェルソン、ニーダー、サンベルナルディーノ、コンソブリヌス
 3 十六世紀――カエタヌス、ソト、アスピルクエタ、モリナ、ほか

第9章 偉大なるレオナルドゥス・レッシウス
 1 停止利益
 2 貨幣喪失
 3 貸付と為替
 4 価格と市場
 5 賃金の決定
 6 独  占
 7 後代との対比

このページのトップへ

内容説明

経済学の祖はアダム・スミスではなかった!!

2000年の経済理論を跡づけ、理論史・事実史の双方の関心に答える熟慮と賢察の書。

古代・中世の経済学はわが国では近年ほぼ無視されてきた。経済学は基本的に啓蒙期に生まれた学問で、それ以前のものは古代のポリスや中世の封建社会の制約をこうむった萌芽的断片にすぎないと思い込まれてきた。だが中世の西洋が全体としては封建社会だったとしても、都市の商人が持ちこむ訴訟に対処するために法学者たちが経済学を生み出していた。実はスミスより500年以上前から主観的価値論に根ざす経済学が発達していた。つまり中世経済学は古典派よりも限界革命後の経済学に近かった。西洋の戦後中世経済学史研究の成果をふまえ、古代ギリシアで芽生えた経済学が中世のカトリック諸国、イタリア、フランス、スペインで成熟して17世紀のスペイン‐オーストリア領低地地方(現ベルギー)で約2000歳になるまでの物語をたどる。

このページのトップへ