ホーム > 映画字幕の翻訳学

映画字幕の翻訳学  新刊

―日本映画と英語字幕―

映画字幕の翻訳学
著者 篠原 有子
ジャンル 演劇・映画
出版年月日 2018/10/30
ISBN 9784771031029
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体5,700円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序論 日本映画の海外進出と字幕

1 字幕研究とは何か

2 ローカリゼーション・モデルと鍵概念

3 英語字幕の訳出を探る方法

4 制作プロセスと字幕翻訳の特性

5 制作プロセスによる訳出の特徴

6 標準化仮設の検証

7 標準化と言語の関係

8 字幕の新動向とグローバルゼーション

終章 字幕研究の課題と展望

補遺

このページのトップへ

内容説明

映画字幕について論じた本邦初の学術書!

日本映画に付けられる英語字幕の特徴を字幕の制作プロセスから探る。本書は字幕のル
ール、翻訳者と参与者の関係性、視聴者の多様性から、ボランティア翻訳やファンサブまで、字幕翻訳の様々側面を明らかにする。

このページのトップへ