ホーム > 福祉国家論

福祉国家論  これから出る本

所得分配と現代福祉国家論の課題

福祉国家論

『アトキンソン教授の福祉国家論Ⅰ』につづく後半部分を収録した,待望の全訳.

著者 アンソニー・B.アトキンソン
丸谷 泠史
ジャンル 経済・財政・統計
出版年月日 2018/12/15
ISBN 9784771030336
判型・ページ数 A5・412ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 未刊・予約受付中
 

目次

序 章 現代福祉国家論の課題

 第Ⅰ部 イギリスおよびヨーロッパにおける所得の不平等と貧困

第1章 イギリスの所得分配に何が起きているのか?
第2章 ヨーロッパ諸国における所得分配
第3章 ヨーロッパにおける貧困,統計および進歩
第4章 貧困率の国際比較
第5章 早期退職者が2つの国民に?

  第Ⅱ部 福祉国家の分析

第6章 福祉国家は必然的に経済成長の障害になるのか?
第7章 ナショナル・ミニマム?
第8章 イギリスにおける国家年金の発展
第9章 イギリスにおける失業者の所得維持と高い失業水準に対する反応
第10章 失業保険の制度的特徴と労働市場の働き
第11章 社会保険

 第Ⅲ部 ターゲティングと社会保障政策の将来

第12章 ターゲティングと家族給付
第13章 ソーシャル・セーフティネット
第14章 欧州社会的セーフティネットに向かって?
第15章 ベヴァリジに寄せて
第16章 国家年金

このページのトップへ

内容説明

福祉国家批判の時は過ぎた.時は移り今日では福祉国家をどのように健全な姿に立て直すかが問われる時期である.福祉国家批判を経済学的観点から再検討し,新しい世紀の福祉国家像の基礎を展開.

『アトキンソン教授の福祉国家論Ⅰ』につづく後半部分を収録した,待望の全訳.

このページのトップへ