ホーム > 書評情報

書評情報

1~10件 (全14件) | 1 |  2  | 次の10件
廣重剛史『意味としての自然―防潮林づくりから考える社会哲学』 が『中日新聞』(2018年4月15日付け)で紹介されました。

「…地域を守るはずの防堤が景観や沿岸漁業の面で〈第二の被災〉になりかねないとも指摘され、新たな哲学が求められている。著者は地元住民の声を反映させる防災対策の話し合いが不可欠だとしたうえで、地域の連帯を中心に据えた〈連帯と共助の思想〉を提起する。」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

廣重剛史『意味としての自然―防潮林づくりから考える社会哲学』 が『東京新聞』(2018年4月15日付け)で紹介されました。

「…地域を守るはずの防堤が景観や沿岸漁業の面で〈第二の被災〉になりかねないとも指摘され、新たな哲学が求められている。著者は地元住民の声を反映させる防災対策の話し合いが不可欠だとしたうえで、地域の連帯を中心に据えた〈連帯と共助の思想〉を提起する。」

関連書籍はこちら

このページのトップへ


有賀誠『臨界点の政治学』が『読売新聞』(2018年4月15日付)で紹介されました。

評者は東京大学教授の苅部直先生です。ありがとうございます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

男澤智治『港湾ロジスティクス論』 が『西日本新聞』2018年3月31日付け読書館「郷土の本」で紹介されました。

「中国・上海や韓国・釜山は世界的なコンテナ港湾に成長した。これに対し、日本の港湾は大きく後れを取っている。著者は、港湾の役割や機能の変遷、課題、戦略を分析。日本は荷役作業の自動化や、各国の規格に合わせた包装や製品仕上げを行う背後圏へのアクセス強化などを進めるべきだとしている。…」

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『共依存の倫理』の著者、小西真理子先生のご論文「ケアの倫理に内在する自立主義」が、第10回社会倫理研究奨励賞の審査員賞を受賞し、その講評が時報『しゃりんけん』に掲載されました。共依存とケアのあり方に深く切り込んだ内容となっており、本書とも関係性の強いご論文です。

『共依存の倫理』好評発売中です!多くの方から反応をいただいております。ぜひご覧ください。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

1~10件 (全14件) | 1 |  2  | 次の10件