ホーム > 受賞情報

受賞情報

1~7件 (全7件) | 1 |
上野太祐『花伝う花』と小城拓理『ロック倫理学の再生』が、第68回日本倫理学会大会にて、和辻賞(著作部門)を受賞いたしました。(学会賞リンクはこちら

『花伝う花』は世阿弥の伝書を紐解きその思想を紹介する書です。
『ロック倫理学の再生』は 彼の『統治二論』が世俗的な、学としての倫理学の書であることを論じる一冊です。

ぜひこの機会にご覧ください。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

岩崎久志『ストレスとともに働く』(2017年3月刊行)が、日本応用心理学会 齊藤勇記念出版賞(平成28年度)を受賞いたしました。

同賞は、一般の方(心理学を専門としない読者)向けに心理学や応用心理学のテーマで分かりやすく書かれた書籍を表彰するものです。(学会賞リンクはこちら

項目ごとに具体的な事例に沿って、手軽に読んで学ぶのに最適な一冊となっておりますので、この機会にぜひ手にとってごらんください。

関連書籍はこちら

このページのトップへ


【受賞作】

『フィヒテのイェーナ期哲学の研究』

著者 玉田 龍太朗

関連書籍はこちら

このページのトップへ


【受賞作】

『AIIBの発足とASEAN経済共同体』

著者 唱 新

関連書籍はこちら

このページのトップへ


【受賞作】

『医療紛争の法的分析と解決システム』
― 韓国法からの示唆 ―

著者 李 庸吉

詳細PDF

関連書籍はこちら

このページのトップへ


【受賞作】

『自動車の電動化・電子化とサプライヤー・システム』
― 製品開発視点からの企業間関係分析 ―

著者 佐伯 靖雄

関連書籍はこちら

このページのトップへ

1~7件 (全7件) | 1 |